お茶のこだわりKodawari

自然から贈られた最高の飲料「お茶」。
屋外に出て、おだやかな風に吹かれながらお茶を味わう、涼しげな風情のあるひととき。
昔から日本人はTPOにあわせて煎茶、玄米茶、抹茶、麦茶、ほうじ茶など様々なお茶を楽しんできました。
店頭などにもたくさんの種類のお茶が売られていますが、
お茶は大きく分けると発酵茶、非発酵茶、半発酵茶の三つになっています。

数あるお茶の種類


発酵茶の代表は紅茶、非発酵茶の代表が緑茶、半発酵茶の代表は烏龍茶などの中国茶で、
この三種はそれぞれ製造法と品種が異なるだけで同じ茶の木の葉からつくられています。
ふだん私たちが飲むことの多い緑茶は、鮮葉の酸化を極力嫌う製法で、
茶畑から運ばれたお茶の葉をすばやく熱を加えて酸化を防ぎ、
それを細長く針状か球状に揉みながら乾燥させてつくられています。
これはお茶の葉が持つビタミンや栄養成分を壊さない大変優れた製法で、
緑茶が紅茶や烏龍茶より健康に良いといわれる最も大きな理由です。

緑茶の種類


緑茶の主流でもある煎茶はわが国で最も多く生産されており、茶摘みに時期によって一番茶、二番茶と区別されています。
八十八夜(五月一日~五月二日ごろ)の新芽を摘む一番茶は、味、香り、滋養分ともにすばらしいものです。
緑茶のなかの最高級品は玉露で、ヨシズや藁で覆った玉露栽培茶園の若芽を摘んで丁寧に製茶したものです。
番茶は煎茶用の葉を摘んだ後の葉で製茶したもので、この番茶を強火で煎るとほうじ茶、
煎るときに玄米を加えると玄米茶になります。
また玉露から選び出された茎や軸を用いた雁ヶ音(白折ともいいます)や茶の湯に用いる抹茶などがあります。
緑茶は渋い、苦いというイメージがありますが、それはお湯の温度が高くなるほどカテキン(渋み)や
カフェイン(苦味)の成分が溶け出すからです。
ですからお湯はいったん沸騰したものを少し時間をおいて冷ました後、いつもより多目の茶葉にそそぐと、
まったりした甘みがでて、これがお茶なのかと驚くような長く残る芳醇で上品な香味を楽しむことができます。
玉露などの高級茶は50℃ぐらい、煎茶は70℃を目安に、番茶、ほうじ茶、玄米茶などは熱い湯でもけっこうです。
また、入れる度にお湯をしぼりきることも大切でしょう。

山城のお茶ラインナップ


「山城」のお茶のラインナップは現在140種類余り。
玉露から烏龍茶まで厳しい管理のもと、さまざまなご要望に応える豊富な品揃えをご用意しています。
緑茶以外の製品では、全国各地の優良茶メーカー八社とともに
茶業界最大のグループ、全日本グリーンティーグループ(JGG)を設立。

商品開発・辻重庵


JGGのネットワークによる最新情報を駆使、プアール茶、杜仲茶、どくだみ茶を始めとする健康茶の販売にも力を入れております。
また、日本茶喫茶店「辻重庵」を大阪堀江の本社2階にオープン。
落ち着いた雰囲気で、おいしいお茶をゆったりと楽しめる場所として、お気軽にご利用いただいています。